弁理士の求人を探すなら

  • 弁理士の転職によるビジョン

    • 知的財産権の管理や代行を行っている専門職としての弁理士は徐々にその人気を高めており、国内でも知的財産権の保護を重要視してきていることから注目を集めている仕事となっています。



      そのため求人なども掲載される数が徐々に増えてきており、転職しやすくなってきている傾向があると言われています。



      そんな弁理士の転職先としては代表的なものとしては特許事務所などがあり、ほかにも一般企業での募集もあるなど色々な場所で活躍することが出来るため、色々な経験やスキルをつむことが可能となっています。



      そんな弁理士の転職の際に注意したいのが、最終的にどのように働きたいのかと言う明確なビジョンを持っておくと言うところです。



      と言うのも、弁理士としては最終的にどのようなところに落ち着くのかと言うのは異なっており、特許事務所で働いたり独立して開業したいのか、大手特許事務所などのパートナーとなりたいのか、肩書きを生かした新しいビジネスを開拓していくのか、企業知財部で地位を高めていきたいのか、など最終的な目的地が多種多様に存在していることから、どのようなところに転職するのかと言う道筋も異なっているのです。



      そのため、まずは最終的に自分がどのように働いていきたいのかと言うところを明確にしておかないと、転職を続けていても目的を達成することが出来ないのです。



      なので、まずは最終的な目的地点を決めておくことが弁理士としての将来を決めるためにも大切になります。





  • 関連リンク

    • 弁理士は、特許・実用新案・商標・意匠といった産業財産権の権利化の手続きを行うことができる国家資格所有者になります。特許事務所、商標事務所、法律事務所といった需要の他に大手企業の法務部・知的財産部、コンサルティング、翻訳事務所といった会社から求人があり、経験のある方に対して求人が行われています。...

    • 弁理士は国家資格でありながらあまり知名度は高くないですが、知的財産に関する仕事をすることが出来るということで国際的にも注目を集めるようになってきており、特に国内では徐々にその需要が高まってきています。ただ、雇用する側も経済状況が思わしくないと言うところも多く、思ったような仕事が出来なかったり球両面や待遇面で不満を抱えている弁理士も少なくないです。...