弁理士の求人を探すなら

  • 弁理士の求人を探すなら

    • 弁理士は特許や著作権の申請をすることが主な仕事になりますが、特許庁や著作管理者(センター団体)に申請することになるため、企業の法務部に在籍するか、独立して事務所を構えるにしても東京、大阪、名古屋などの大都市に勤務することになります。



      これは裁判所の管轄権が絡んでいることもあり、地方で発明が少ないというわけではないのですが、東京や大阪で集中管理している事情もあることから、地方での弁理士事務所がほとんど見当たらず、よって求人も皆無に近いという事情を端的に表しています。



      大都市での弁理士事務所での求人募集は基本的に事務として採用され、仕事を少しずつ覚えていくことになります。



      基本は雑務、経理といったこまごまとした仕事が多くなりますが、手掛けている案件が個人の手に負える範囲のものになるため、求人も自然と1名や欠員募集といったものがほとんどになります。



      個人弁護士事務所のスタッフと同様に個人事業主によるサポートとなりますので、規模としては個人商店の経営と同じような雰囲気が感じられますが、権利義務を対象にした案件に携わることになるので、社会的な要因にも物理的な問題にも注意が向くようになり、仕事としては面白みを感じさせてくれるものになるはずです。



      特に経験がなくても採用されることがほとんどですが、独立した弁理士が求人募集をするスタッフになるため、20代のほうが採用されやすいという事情は否めません。



      しかし長くつづけることができる職場といえますし、弁理士をめざそうという気持ちになれる職場ともいえます。





  • 関連リンク

    • 弁理士とは多くの商品の特許を特定する産業財産権に関わる全ての事務手続きを代理する事ができる国家資格です。弁護士に続いて歴史の古い資格であり、主に特許事務所での仕事が多い資格です。...

    • 弁理士は、特許・実用新案・商標・意匠といった産業財産権の権利化の手続きを行うことができる国家資格所有者になります。特許事務所、商標事務所、法律事務所といった需要の他に大手企業の法務部・知的財産部、コンサルティング、翻訳事務所といった会社から求人があり、経験のある方に対して求人が行われています。...